バズマザーズVo,Gt,担当


by n-g-c-m-w

<   2013年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ちくわとモンプチ3

昨年の11月、ポポロがゆう子を含む4匹の子猫を産んだ。

皆、気が触れちまう程に愛らしく、いつもポポロの側でコロコロしていた、らしい。
その頃私は丁度、バンドの遠征中で、長女のゆう子以外とは会った事がない。残念だ。

他の3匹がどうなったかと言うと、心ある近所の方々が引き取って行ったそうだ。

私も知らなかったのだが、野良猫の赤ちゃんが生後1年以上生きられるのは半分だけらしく、残りは飢餓やウィルス等で死んでしまうらしい。
その危険性を想えば、私が彼等に一目も会えなかったからと言ってセンチメンタルになる事なんて、取るに足らない人間のエゴイズムであるのは明白なので、私の知らない空白の1週間の間に起きた出来事を丁寧に教えてくれたイトウさんには、それは良かったっす。みたいな事を曖昧に笑って言った様な記憶が朧気にある。

ゆう子だけが何故誰も保護してくれなかったのか、疑問に想う人もいるであろうから言っておく。
あまりに可愛くないのか、何て早計をする方もおられるかもしれないが、それは違う。
理由はむしろその逆だそうだ。

ゆう子はブチ模様の毛並みの綺麗なあんちくしょうで、眼はポポロと同じまんっっまるで、警戒心の強いポポロ一族の中で、異質な程に人なつっこく、仕草も滑稽で、はっきし言って今まで出会った猫の中でぶっちぎりに可愛い。

イトウさん曰く、ゆう子は可愛すぎるのだそうだ。
他の子猫達もポポロ一族の血統を継いでとても綺麗な顔と毛並みではあったらしいのだが、皆、足が少し悪いとか、自発的に食事が出来ないとか、眼が開かないとか何らかしらのステータス異常を持っていたので、それを不憫に想った方々が保護者として名乗り出てくれたらしいのだが、その方々が異口同音にゆう子に対して
「君は可愛いし、健康だし、人を恐がらないから私が保護しなくても誰かが貰ってくれるよ」
と宣ったそうだ。

自分は常々、共に暮らすなら、可愛くて健康で愛想の良い猫が良いに決まっているだろ。と想っている。
彼等の言動を何度も反芻し、とても恥ずかしい気持ちになった。

が、やはり未だにその考えは変わらない。すいません。


とまぁ、長い前置きになったが、この日から私とゆう子の友情が始まった。心が豊かになり、ゆう子の事で頭がいっぱいになった。

毎日会いに行くのが楽しくて、大家さんに賄賂を手渡してでも一緒に暮らせないものか、とも考えた。
が、我が家は所謂オンボロアパートで、隣人の生活音声は基本的に筒抜け状態。
そこへさして昨年越して来た老夫婦は、純然たる、まじりっけ無しのキチガイで、ちょっとした物音でも立てようもんなら、鬼の形相で怒鳴り込みに来る様な連中だし、何より自分はロックバンドなんてアッパーな稼業をしている旅人なので、ゆう子の面倒を常に見てやれる身分では到底なく、ゆう子に早く安心して暮らせる場所が出来たらいいな、と願う反面で、ずっと俺とあの広場で仲良く遊べたらいいな、とまた人間特有のエゴイズムをテカテカさせてみたり、をぐるぐるしている。

ゆう子は、別に人なつっこい訳ではなく、人間の言葉で言う所の「空気が読める奴」なんじゃないのかな、と想う時がある。

ゆう子はとても頭が良い。人畜生が自分に触れたがっている事なんか理解している。自分の母親であるポポロが、人間に迎合しない性格なのも理解している。
今は、時折私やイトウさんも含め数名が食事を持って来てはいるが、人間が如何に自分勝手で利己的で刹那主義者かも理解している。
だから、ゆう子は自らの身体を人間の近くに起き、我々をエンターテインさせてくれようと懸命に努めているのではないか、と想う時があり、胸が苦しくなった。

その後すぐ、ゆう子は私の手からのみ食事を食べてくれる様になった。
私の膝でのみ昼寝をする様になった。
猫師匠のイトウさんもこれには驚き、『猫使いのヤマダ』なる称号まで頂いた。

けれども私は、ちんけな人畜生の事情でゆう子を引き取ってあげる事が出来ない。
これだけ毎日、彼女を愛でたり遊んだりし続けた結果、ゆう子は私を信用しきっている。餌を持っていなくても私の後を付いて来る。
だが、私は彼女のその無垢な信頼に応えてあげる事が出来ない。
自分の都合で楽しんで、その後の責任を取ってあげる事が出来ない。

ヒト科のメスには何ら抵抗なくやって来た事なのに、私は罪悪感に苛まれ、私はしばらくその広場に行くのを辞めた。
[PR]
by n-g-c-m-w | 2013-07-30 20:25

ちくわとモンプチ2

私はガゼルが嫌いだった。
黒猫か、と思う程に薄汚れた濃いグレーの毛並みはザックザクになっているし、何よりあの目付き。
ポポロ一族は皆、まんまるの可愛らしい眼をしているのに対し、人間(俺だけなのかも)を舐めきっているみたいな、ガゼルのあの三角の目付き。
警戒心こそ強いものの、常に私の半径2m以内にいて、「妹とか、おかんに手ぇ出したら殺すぞ。はよメシ置いて消えろ」みたいな態度を取る彼に
「俺はポポロに会いたくて毎日来てるんや。本当ならお前になんか二度と会いたくない。お前はホンマにポポロ一族なんか?そんな醜い身成しやがって。」
と、何度も言いたくなったが言えなかった。
何故ならガゼルは、人間の言葉を理解しているのではないか、と感じる程に達観した様相を呈していたし、何よりガゼルを前にすると、ヤンキーの先輩に呼び出された時位のCHAGE&緊張感&圧迫感が背筋を走り、恐くて何も言えなくなるからである。

そう、私はガゼルが嫌いなのではなく、恐かったんだと今では想う。

そんなある日、突如ガゼルの姿が確認できなくなった。
元々、ポポロ一族の中で一番活動範囲が広く、ほぼ毎日身体の何処かに新しい傷や汚れを作ってくる彼の事なので「きっとどっかでタイマンでも張ってるのだろう。ネコまっしぐらじゃー!かなんか絶叫しながら」と想っていた数日後、猫の師匠イトウさんに、ガゼルが車のボンネットに入り込んでしまい、瀕死の大怪我を負ってイトウさんの実家で療養中である事を教えてもらった。

「ほら、あの子(ガゼル)、ヤマダさんにだけは心を許していたでしょう。昼間ここに来る私の猫仲間達も、あの子だけは嫌いって言ってね。本当はいい子なんだけどね。でも、ヤマダさんだけは優しくしてくれるから、あの子いっつもヤマダさんの側にいたよね。ヤマダさんも心配でしょう、ほら」
と、全身包帯ぐるぐる巻きのエリザベスカラーを無理くり装着されて不貞腐れた顔をしたガゼルの画像を見せてくれた。

言うな、それ以上言うなイトウさん。てか執拗にヤマダさんて呼ぶな。俺はガゼルに「お前なんか消えちまえ」とか平気で想ってた最低の薄情者なんやぞ。てか執拗にヤマダさんて呼ぶな。今は呼ぶな。たのむ。
と、完全に混乱し、ポポロ達に簡略的なコミュニケーションだけ取ると、自宅に帰り、少し泣いた。


ガゼルは今や足に少し後遺症こそ残っているものの、傷も癒えてすっかりイトウさんの実家に慣れ切ってしまい、あの由緒正しき路地裏の野良猫魂は消え失せ、イトウさんのお母さんのお膝でお昼寝をする様なキュートな飼い猫に成り下がったらしい。ざまあみろ。
ちなみに、ガゼルがイトウさんの実家では何と呼ばれているか、私は知らない。

あい!どん!のーう!


それからしばらく平和な日々が続いて、去年の11月ポポロが4匹の子供を産んだ。

この猫日記、ここからが、長いの。
[PR]
by n-g-c-m-w | 2013-07-30 06:48

ちくわとモンプチ1

初めてポポロと会ったのは昨年の夏の終わりの夕暮れ。私が住居する、高級住宅街の中で最もみすぼらしいアパートの隣に聳える高層マンションの敷地内にある広場で日向ぼっこしている彼女を目撃した時だった。

彼女は、灰色と白の綺麗な毛並みで、まんまるな眼をしていて、どことなく気品があり、ふくよかな身体をしていたので、おそらくどこか上層階級の家庭の方だろうと思いながら、ぼんやりと眺めたり、目線を彼女の高さに合わせ「とぅとぅとぅ」と舌と上顎を巧みに使い破裂音を出してこちらに招いてみたりしていると、茂みの奥の方から、ばっっさばさの毛並みの目付きが悪い薄汚れたガゼルが「おにいさん、手ぶらで来られても困りますよ。うちも商売なんやから」みたいな感じで出て来て、とぅとぅとぅしてる私の手を、にゃっと引っ掻いてこちらを睨んでいる。
あ、こりゃ美人局の類いか。と仕方無くコンビニへ行き、ちくわとモンプチを購入し、彼等にそれを大盤振る舞いしたのを今でもよく覚えている。

それから、作業の合間に暇を見つけてはちくわとモンプチを手に彼等に会いに行くのが日課になった。
そこで知り合ったイトウさんというここらの猫事情通の貴婦人と親しくなり、ガゼルとポポロは兄弟である事、奥地にはポポロそっくりなお父さん、ガゼルと同じ毛色のお母さんがいる事を知り、皆に行き渡る様に据え膳をした。

1週間程すると、ポポロとガゼルの両親とも会う事ができ、私の存在を認識している様な挙動が確認できた。
ただ、この兄弟は取り分け警戒心が強く、身体に触れさせてくれる様な事は一度もなかった。……実は今もない。
イトウさん曰く、人間に何か恐怖感を植え付けられる様な仕打ちを受けたと思うので、無理に近寄らない方がこの子らの為、との事だったので、毎日の近況報告を彼等にした後、ちくを一口大に千切り、適量のモンプチを人間では立ち入れないフェンスの向こうに手を目一杯延ばして配置して帰る等する事で、こちらに敵意はないと理解して貰えたらなと考えていた。いかにも人間らしいやり方だな、とも想って少し寂しかった。

それからしばらくした後、スタジオ帰りに彼等の縄張り前を通過しようとした際、ポポロそっくりのお父さん(ポポパパと呼んでる)が私の足元まですり寄って来て「今日は、いろても、ええよ」と言いたげに腹部を上空に向け、なーごなーご言ってこちらを見て来たのである。
「ぼ、ぼく今手ぶらですよ?後でまた御食事用意させてもらうつもりやったんですけど、今触らしてもらってよろしいんでっか?」と困惑していると「あんた野暮やわ。恥かかされたわ。ここまでさせといて。あんた野暮やわ。」みたいな感じでプイーと茂みの奥地へ行ってしまい、如何に自分がアカンタレかを思い知った私は、大慌てでちくわとモンプチを手に舞い戻り彼等にこれを配当し、心行くまでポポパパの身体をいじくりまくったのである。
顎を愛でる手つきが女性のデリケートな部分を愛撫する手つきと似てるな、なんて想いながら。
[PR]
by n-g-c-m-w | 2013-07-29 22:42